アンチを無視できない人は損?アンチ対策に有効な方法

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。ツイッターなどのSNSやYouTubeなどの動画サイトでよく見かけるアンチと呼ばれる人たち。イライラしてついつい反論していませんか?そんな方へ、アンチに対してどう対応すれば良いのか、アンチ対策に有効な方法を書きます。

アンチに反論している人は損をしている

あなたに対して反対の意見があったり批判されたら、おそらくほとんどの人は「イラッ」とするでしょう。その感情でアンチに対して反論する人は多いですが、メリットはありません。その理由は以下です。

  • 時間の無駄
  • 1円にもならない
  • アンチの意見を拡散してしまう
  • イメージダウンになるかもしれない

※ただし、ブロガーやYouTuberなどを除く

アンチに対してイライラしている時間、アンチに対して反論する返信を打つ時間は無駄な時間です。アンチに反論する時間があったら、自分の同じ意見をリツイートなどで拡散する方が有意義です。

ブロガーやYouTuberなど、アンチに反論することで広告が貼られた自分のブログや収益化されたYouTube動画のアクセスが増えるのであれば、アンチに反論しても良いですが、それ以外の人がアンチと反論して議論しても1円にもなりません。アンチに絡む時間があるなら、ブログを書いたり、YouTubeに動画をアップする方が、今は1円にもならないかもしれませんが、将来のためになります。

アンチとあなたの議論は他の人も見ています。ということは、アンチの意見を他の人の目に入るようになり、要するにアンチの意見を拡散してしまうことになります。そうなるとアンチを増やしてしまう原因にもなります。

アンチとの議論は見ていてあまり良いものではないので、アンチはもちろん、アンチとやり合うあなたのイメージダウンに繋がるかもしれません。「自分の意見に自信が無いのかな?」「器の小さい人なのかな?」「暇な人なのかな?」と思われかねません。

ただし、ブロガーやYouTuberなどはアンチとやり合うことにメリットがあります。それはアクセス数や再生回数が伸びるからです。炎上商法はこれをうまく使い、拡散させます。広告収入のためや宣伝のためなど、目的によってはアンチに反論したり、アンチを拡散した方がメリットがある場合があります。

どうすればいいの?

アンチ対策に有効な方法

無視することです。アンチに対して反論するから、拡散してしまったり、無駄な時間を費やしてしまいます。結局、イライラが残るだけ。何も良いことはありません。だからアンチを無視することで、拡散しないようにするのです。ツイッターであれば、アンチのフォロワーを見てみてください。ほとんどのアンチはフォロワーが少ないです。あなたも含めてみんなで無視をして、拡散しないようにすれば、アンチは「誰も反応してくれない。あれ?あれ?」と不安になります。これがアンチに対して一番有効な対処方法です。

「顔も名前も知らない人に、何を思われてもいい。」
割り切ることが大事です。

富山県議選でアンチに遭いました

2019年4月 富山県議選 NHK富山前で街頭演説

私が2019年4月の富山県議会議員選挙に立候補した時に、私に対するアンチがいましたが、無視しました。理由は、アンチに何を言ってもアンチは自分に投票しないからです。基本的に立候補者の目的は、多くの票をいただいて当選することなので、投票していただけそうな方や自分の公約に興味がある方に対してはしっかりと説明します。私の公約はNHK受信料問題なので、NHKが好きで観ている人に説明しても自分に投票しないでしょう。みんなに好かれるは不可能ですし、特に政治的な意見には必ず反対の意見が出ます。私は選挙に立候補したことで、改めて学びました。

また、アンチには反対の意見を持つ人の他に、あなたに妬みを持つ人もいます。特に妬みを持つ人に対しては、その人のためにも無視すると良いです。無視と言うと言葉がきついので、「受け流す」という表現の方が適切かもしれません。妬みアンチはあなたへの批判を書き込むことで気持ちが抑えられているかもしれないので、あなたがそれに対して反論したりすると妬みは強くなり、妬みが恨みに変わると大変です。どんなアンチでも、無視した方があなたのためにもアンチの人のためにもなります。

まとめ

いかがでしたか。アンチ対策に有効な方法は、無視することです。と言っても、アンチにはイライラしてしまいます。しかし、無視することに慣れてしまえば、イライラすることも減ります。今回ご紹介したように、アンチを無視できない人は損です。SNSやYouTubeなどの便利なツールは有意義に使い、有意義な時間を過ごしたいですね。