木下章広・富山市議への辞職勧告にちょっと待った!

まいどはや!堀 孝童(ほりこうどう)です。女性職員の机上の書類を物色した木下章広・富山市議への辞職勧告決議案(糾弾決議案)が2019年9月3日に富山市議会で全会一致で可決しました。富山市議会議員全員が「木下章広議員、辞めろ!」と言っていますが、異議があります。

木下章広市議が不祥事!辞職勧告決議案が可決

木下章広市議は無断で議会事務局に立ち入り、女性職員の机を物色したことが問題になりました。

2019年6月25日19時半頃、議会事務局の女性職員が帰宅しようと消灯した時に、木下章広市議が入ってきて、女性職員の机を物色するのを目撃した

木下章広・富山市議が女性職員の机を物色!不祥事の動機は?

この不祥事を起こしたのにも関わらず、木下章広市議が議員辞職しないため、辞職勧告決議案が発議され、2019年9月3日の富山市議会で全会一致で可決されました。

木下章広市議が辞職するなら、元議長らも辞職するべきでは?

富山市議会議員の不祥事

2019年
1月30日 – 富山県警察が、いずれも自民党会派の村上和久市議会議長や元市議5人らを詐欺などの疑いで書類送検。同日、中川勇元市議については、女性記者を押し倒して取材メモを奪った窃盗と暴行容疑でも書類送検。

2月22日 – 12日に議長に就任したばかりの自民党会派の横野昭議長が21日、2013年と15年に開催した市政報告会で、不適切な政務活動費の支出があったと発表した。進退については「批判が出ることも覚悟して頑張っていく」と辞任をしないことを明らかにした。

7月3日 – 木下章広議員(36)が、市議会事務局に無断で立ち入って机を物色したり、女性職員に私的なメールを送ったりしていたことが発覚。辞職を促す糾弾決議案を市議会定例会最終日の三日に提出。全会一致で可決される見通し。

富山市議会 – Wikipedia

村上和久・元議長(自民党)

政務活動費、約72万円をだまし取ったとして、詐欺罪の疑いで書類送検。初公判で起訴内容を否定。 議長は辞めましたが、「(議員辞職すると)容疑を認めたと誤解されるため」という理由で議員辞職はしていません。2019年9月現在、平議員(議長または副議長ではない議員)。木下章広・市議の辞職勧告決議に賛成しました。

横野昭・元議長(自民党)

不適切な政務活動費の支出が発覚し、議長は辞めたが、議員辞職はしていません。2019年9月現在、平議員。木下章広・市議の辞職勧告決議に賛成しました。

木下章広・市議(無所属:元・日本維新の会)

市議会事務局の女性職員の机を物色しているのを目撃され、被害者の女性職員は被害届を提出。富山県警は木下章広・市議の自宅や議員控室を家宅捜索。2019年9月3日現在、起訴されていません。

「議長 → 平議員」「平議員 → 辞職」に異議

議長が不祥事を起こすと議長を辞職し、平議員に降格するが議員は続けられる。

議長や副議長ではない議員が不祥事を起こすと辞職勧告される。

議長は議長を辞めれば、議員を辞めなくてOK?

議長や副議長でも平議員でも、同じ選挙で選ばれた人だから、不祥事などでの進退も同じであるべきなのではないでしょうか。

元議長らは不祥事で議員辞職しなかったのにも関わらず、「木下章広・市議は議員辞職しろ!」はおかしいです。おそらく、木下章広・市議も私と同じ違和感を覚えているのではないでしょうか。

国会でも、大臣や政務官などの役職がある国会議員が不祥事を起こすと、その役職は辞めるが、国会議員は辞めない。役職が無い国会議員は辞職しろと言われる。おかしいですよ。