マンションやアパートの人はNHK受信料を払わなくてもいいのか

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。2019年の富山県議会議員選挙に立候補した時に私のビラや選挙公報を見た方からお電話いただきました。

「マンションに住んでいる人からNHKの受信料を払っていないと聞いたが、マンションに住んでいる人は受信料を払わなくてもいいのか?」と質問されました。

なぜマンションやアパートに住んでいる人は受信料を払っていない人がいるのか

引っ越しするとNHKの被害に遭う

引っ越しすると新居にNHK集金人が契約をさせるために訪問してきます。強引に契約を迫られたり、待ち伏せされたりなどの被害に遭います。そうすると「受信料を支払いたくない!」と思うようになり、ネットで検索すると受信料を不払いしている人をたくさん見かけるので、契約してしまったとして受信料を払わないようになります。引っ越しが多い人は毎回、NHKで嫌な思いをされているはずです。

NHKが嫌いな人はマンションやアパートに住んでいる人に多いのではないでしょうか。

一軒家の人はNHKの被害に遭うことが少ない

マイホームなどの一軒家に住んでいる人は家を建てた時にNHKと契約した後、ずっと受信料を支払い続けている人が多いです。受信料を払っている人のところに、NHK集金人は来ません。マンションやアパートに住んでいる人がNHKで嫌な思いをしている人がいることを知らない人も多いのではないかと思います。

一軒家に住んでいる人が集合住宅に住んでいる人とNHKの受信料についての話をすると、NHK集金人の存在を知ったり、NHKは悪いことをしていることに気づくかもしれません。

マンションやアパートの人は受信料を払わなくていいのか

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいるから受信料を払わなくていいということはありません。マンションに住んでいても、アパートに住んでいても、一軒家に住んでいても、テレビを持っていたらNHKと契約する義務があります。(放送法64条)

しかし、NHKとの契約は義務でも受信料の支払いは義務ではないので、一軒家に住んでいても、マンションに住んでいても、アパートに住んでいても、受信料は払わなくて大丈夫です。

まとめ

受信料を払っている一軒家の人が、受信料を払っていない集合住宅の人の話を聞くとNHK受信料制度の不公平さが見えてきます。

一軒家に住んでいる人もマンションやアパートに住んでいる人も、堂々と受信料を不払いしましょう。