春から大学に進学して一人暮らしを始める方はNHK集金人にご注意を

まいどはや!堀こうどうです。4月から大学に進学し、一人暮らしする方は引っ越しで忙しいと思います。今回は初めての一人暮らしに潜む危険についてお話します。

一人暮らしを始めたらNHK集金人がやってくる

「一人暮らしを始めた。」と聞くと、心配になります。NHK集金人が突然、訪問してきてNHKと契約させられるのではないかと思うからです。一人暮らしを始めた、すなわち引っ越しをしたらNHKはわかるのでNHK集金人がやってきます。これは、東京や大阪などの人口の多い地域だけではなく、富山県も例外ではありません。一人暮らしが始まり、楽しい気分なのに、NHK集金人が来るせいでテンションだだ下がりです。

NHK受信料の存在を初めて知る

NHKの契約は1世帯1契約なので、親元で暮らしていた方は両親などのご家族のどなたか1人がNHKと契約し、受信料を支払っているため、学生さんは受信料の存在を知らずにNHKの番組を観ていたと思います。しかし、親元を離れて一人暮らしをすることは親元と世帯を別にすることなので、テレビがあればNHKとの契約や受信料の支払いが待っています。NHK集金人が一人暮らしの学生さんのところにやってきて、「NHKとの契約が必要ですよ。」「受信料を支払わなければならない。」など言われて初めてNHK受信料の存在を知ります。

NHK集金人は何も知らない学生さんを狙う

引っ越しをしたら必ずと言っていいほどやってくるNHK集金人は受信料の存在を知らない学生さんを狙ってやってきます。親元を離れたばかりの方は初めてのことばかりで、「NHKとの契約は義務ですよ。」とか「みんな受信料を支払っていますよ。」と言われたら「そうなのかな・・・」と思い、契約してしまうかもしれません。NHK集金人に何を言われても、NHKの契約なんかしなくて良いです。

NHK集金人、許せない!

一人暮らしを狙うNHK集金人、知識が乏しい学生さんを狙うNHK集金人、許せません。テレビがあるだけでNHKと契約しなければならないというおかしな放送法、NHKを観ている観ていない関係なく徴収されるおかしな受信料制度。それを武器に一人暮らしの方から受信料をむしり取るNHK集金人、許せない。