どうすればNHK受信料が安くなるのか

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHKの受信料は高いですが、どうすればこの高い受信料を安くなるのか考えてみました。

NHK受信料が安くなるには

受信料が高い理由

余計な番組をやめる

上記の記事で、NHK受信料が高いのは娯楽番組が原因であると書きました。NHK受信料を安くするには、紅白歌合戦、大河ドラマ、朝ドラや、大相撲などのスポーツ中継などの余計な番組をやめれば、番組制作費を抑えることができ、受信料を安くすることができます。

NHKは公式サイトで「公共放送とは何か」という質問にこのような回答をしています。

電波は国民の共有財産であるということからすると、広い意味では民放も公共性があるということになりますが、一般的には営利を目的として行う放送を民間放送、国家の強い管理下で行う放送を国営放送ということができます。これらに対して、公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、公共の福祉のために行う放送といえるでしょう。

NHKは、政府から独立して 受信料によって運営され、公共の福祉と文化の向上に寄与することを目的に設立された公共放送事業体であり、今後とも公共放送としての責任と自覚を持って、その役割を果たしていきます。

公共放送とは何か NHKよくある質問集

上記によると、公共放送とは「公共の福祉のために行う放送」です。紅白歌合戦、大河ドラマ、朝ドラ、大相撲などの娯楽番組を放送することは、公共の福祉なのか疑問です。これらの娯楽番組は民放でもできます。ドラマは民放でも放送されていますし、例えばフジテレビのFNS歌謡祭は紅白歌合戦のような音楽番組です。オリンピックなどのスポーツ中継も民放でも放送されています。

このような娯楽番組をNHK集金人や裁判までして、むしり取った受信料を使って放送する必要があるのでしょうか。

まとめ

NHKには娯楽番組という製作費がものすごく高く、公共放送として余計な番組があり、それをやめれば受信料は安くなることをお話しました。NHKを観て楽しんでいる場合ではないですよ。