NHK受信料を払わない人はズルい?卑怯な人はどんな人?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHKの受信料を払っているか、払っていないかの話をすると払っている人から見ると「払っていない人はズルい」と思うかもしれません。NHK受信料を払わない人はズルいのか、どんな人が卑怯なのか考えてみます。

NHK受信料を払う払わないのパターン

  1. 払いたくて払っている
  2. 払いたくても払えない
  3. 払いたくなくて払っていない
  4. 払いたくないけど払っている

あなたはどれに当てはまりますか?

払いたくて払っている

NHKが好きで受信料を払ってでもNHKを観たい人です。このような人は、NHKがスクランブル放送をしても、受信料を払い続けるでしょう。

払いたくても払えない

NHKが好きだけど、お金が無くて受信料を払えない人です。「収入が少ないから払えないのに、NHKの人(NHK集金人)が来る。」というお問い合わせがあります。

払いたくなくて払っていない

NHKを観ていないなどの理由で、受信料を払いたくなくて払っていない人です。「受信料は観たい人だけ払えばいいじゃん。」という考えです。

払いたくないけど払っている

NHKを観ていないなどの理由で、受信料を払いたくないけど払っている人です。これはさらにいろいろなパターンがあります。

  1. 法律で決まっているので仕方なく払っている
  2. NHK集金人が嫌で仕方なく払っている
  3. 裁判されるのが嫌で仕方なく払っている
  4. 払いたくないけど面倒だから払っている

あなたはどれに当てはまりますか?

法律で決まっているので仕方なく払っている

「法律は守らないといけない。」「お上に従う。」という考えの人です。

NHK集金人が嫌で仕方なく払っている

自宅にNHK集金人が訪問してくるのが嫌、怖いなどの理由で仕方なく払っている人です。

裁判されるのが嫌で仕方なく払っている

「裁判されるのが怖い・・・」などの理由で仕方なく払っている人です。2017年12月の最高裁判決が出たことで、慌ててNHKと契約した人もこれに当てはまるのではないでしょうか。

払いたくないけど面倒だから払っている

「NHK集金人とか裁判とか面倒」「受信料を払っておけばNHK集金人は来ないし、裁判もされない」というように払いたくないけど、NHKの何とかとかめんどくさくて払っている人です。

ズルいのはどんな人?

受信料を払わない人は、ズルくないです。「受信料はNHKを観たい人だけが払えばいい。」という考え、すなわち「お金を払う人だけサービスを受ければいい。」という考えは正しいと思うからです。

それでは一番ズルいのはどんな人?

「払いたくないけど面倒だから払っている」

これが一番ズルいのではないでしょうか。

「受信料はNHKを観たい人だけが払えばいい。」「NHK集金人は問題だ。」など、NHK受信料制度は問題だと思っているのも関わらず、払っているのは卑怯でズルいです。

受信料を払う人は、NHKを支えている

受信料を払いたい人、払いたくない人どちらも受信料を払うことは、NHKを支えていることになります。受信料は、NHK集金人の給料や裁判費用、請求書を作成したり送付したりする費用などにも使われています。受信料を払うことは、新たなNHKの被害者を増やすことになります。

まとめ

受信料を払う人払わない人、どんな人が卑怯でズルいのか考えてみると、NHK受信料制度は問題だと思っているのにも関わらず、払っている人が卑怯でズルいという結論に至りました。自分のことをしか考えていないと思います。このまま受信料を払っていると子どもや孫の世代がNHKの被害に遭います。

NHKに受信料を支払わないことをオススメします。