NHKと契約してしまった!どうすればいい?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHK受信料を払いたくないのに、NHK集金人が「法律で決まっている」などと言われ、よくわからず契約してしまった。どうすればいいか、書きます。

NHKと契約してしまったら

後悔しなくていい

あなたは「NHKと契約しなければよかった。」と後悔しているかもしれません。しかし、後悔する必要はありません。法律的には、あなたは正しいことをしました。もし、テレビがあるのにNHK集金人に「テレビはありません」と嘘をついてNHKと契約しなかったら、罪に問われる可能性があります。

嘘をついてまでNHKとの契約を免れることは危険です。契約を免れるまたは、断るのであれば「テレビを持っている」と正直に言って、契約を断る方が良いです。テレビを持っているのに、NHKと契約しないのは放送法に違反しますが、違反しても罰則はありません。

解約したい・・・けど

NHKと契約してしまったから解約したいという方、解約はお勧めしません。NHKを解約するには

  • テレビを捨てる(テレビを持たない)
  • 実家に戻る(契約者と同居する)

上記のどちらかをする必要があります。

NHKを解約したいからテレビを捨ててしまったら、民放も観られなくなります。テレビ(NHK、民放も含めて)を観ない方はテレビを捨てても良いですが、「NHKは観ないけど、民放は観る。」という方が圧倒的に多く、正直「NHKと契約したくないけど、民放は観たいからテレビを捨てたくない。」と思います。しかし、放送法64条では「テレビがあれば、NHKと契約しなければならない。」と定められているので、「民放だけ観たいから、NHKと契約しない。」は法律違反になってしまいます。NHKと契約してしまったあなたは、法律的には正しいことをしています。

また、NHKを解約しようとすると、なかなか対応してくれなかったり、NHKの職員または業務委託の人が、テレビが無いかどうかあなたのご自宅に見に来ることもあるようです。NHK関係者と関わるとあなたがもっと嫌な思いをするかもしれないので、解約はお勧めしません。

たとえ、解約できたとしても、数ヶ月後に契約書(重要と書かれた封筒)がポストに入っていたり、NHK集金人が「契約してください。」と来る場合もあるようです。要するに、解約すると解約者(二度と契約しない人)ではなく、未契約の状態(再契約するかもしれない人)になるということです。そういう点でも、解約せずに契約したままにする方が良いと思います。

受信料を踏み倒そう!

NHKと契約したので、NHKから受信料を請求されますが、不払いしましょう。NHKと契約した時に、おそらく銀行口座引落し、またはクレジットカード払いにさせられたと思いますので、支払方法を「継続振込」(コンビニ払い)に変更します。NHKから払込用紙が送られてきますので、支払わずに無視します。これで受信料の不払い、受信料を踏み倒します。

支払方法を「継続振込」への変更は、ネットで下記のNHK公式サイトで簡単にできます。

NHK受信料の窓口-継続振込への変更のお手続き
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/PayTransferInput.do

受信料の不払いはNHKの規約に違反しますが、法律違反ではありません。規約は法律ではないので、逮捕されることも、罰金や刑務所に行くこともありませんので、安心してください。

NHK撃退シールを貼ろう!

受信料を不払いすると、NHK集金人が訪問してくるので、NHK撃退シールを玄関先に貼り、NHK集金人が来ないようにしましょう。NHK撃退シールは下記のサイトより、無料で入手できるようです。

NHK撃退シール無料配布(NHKから国民を守る党)
http://www.nhkkara.jp/seal.html

NHK集金人の訪問を100%防ぐものではないようですが、貼った方が良いです。

まとめ

NHKと契約してしまったら、解約せずに受信料を不払いすることをお話しました。仕方なく、受信料を払うのは損です。NHKと契約しているけど、受信料を払っていない人はたくさんいます。NHK受信料は支払わなくても大丈夫です。