NHKを見ていなければ、契約しなくていい!その理由は?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。私は「NHKを見ていなければ、NHKと契約しなくていい。」と思っています。その理由を書きます。

NHKを観ていなければ、NHKと契約しなくていい

NHKの契約については、放送法64条で契約の義務が定められています。

放送法64条
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない

上記の太文字にした部分に注目してください。「放送の受信を目的としない受信設備は、この限りでない。」要するに「放送の受信を目的としないテレビは、NHKと契約しなくていい。」という意味です。

さらに注目して欲しいのは「放送の受信を目的としないテレビ」の部分です。「NHKを観ていないテレビ」=「(NHKの)放送の受信を目的としないテレビ」と解釈できるので、「NHKを観ていなければ、NHKと契約しなくていい。」となるわけです。

まとめ

NHKを観ていなければ、契約しなくていい理由、おわかりいただけましたか。法律を抜きにしても、使っていないもの、今回の場合、観ていないテレビ局にお金を払うのはもったいないし、嫌ですよね。もし、NHKに受信料を払っているのであれば、銀行通帳をご確認ください。もったいない気がしませんか。