ワンセグ携帯でNHKと契約義務あり確定!受信料の支払いも義務?

こんにちは!堀こうどうです。ワンセグ携帯でNHKと契約する義務があるのかを争われた裁判、通称「ワンセグ裁判」の最高裁判所の判決が2019年3月12日付けで出ました。ワンセグ携帯を持っているだけでNHKと契約しなければならないのか、受信料を支払わないといけないのか。

ワンセグ裁判とは?

テレビを持っていなかったNHKから国民を守る党の副代表、大橋昌信・朝霞市議会議員がワンセグ携帯でNHKとの契約が義務なのかをNHKを相手に裁判を起こしました。

裁判の争点

放送法64条1項を見てみましょう。

(受信契約及び受信料)
第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

引用元:放送法

「テレビを設置した人は、NHKと契約しなければならない。」という契約の義務が定められています。

「携帯」=「設置」?

ワンセグ携帯を持つことは、テレビを設置したことになるのか。「テレビを設置した・・・」の「設置」の意味がワンセグ裁判の争点です。

最高裁判決までの経緯

第一審 さいたま地裁「契約義務なし」

2016年、さいたま地方裁判所は「携帯」≠「設置」という判決が出ました。ワンセグ携帯を持つ(携帯する)ことはテレビを設置したことにならないということで、ワンセグ携帯を持っていてもNHKと契約する義務はないという判決で原告の大橋昌信・朝霞市議会議員が勝訴しました。

第二審 東京高裁「契約義務あり」

2018年、東京高等裁判所は放送法が施行された昭和25年には携帯型ラジオがあったので「携帯」=「設置」ということ「設置には、携帯も含む」と判断され、ワンセグ携帯はNHKと契約義務があるという判決でNHKが勝訴しました。原告の大橋昌信・朝霞市議会議員は上告しました。

最高裁「契約義務あり」

最高裁判所は原告の大橋昌信・朝霞市議会議員の上告を退け、「ワンセグ携帯を持っているだけでNHKと契約義務がある」という判決が確定しました。

ワンセグ携帯を持っているだけで受信料の支払いの義務あり?

ワンセグ裁判の最高裁判決がニュースで流れると「ワンセグ携帯で受信料の支払い義務」という間違った解釈をしている人が多く見られました。

契約は義務、支払いは義務ではない

今回のワンセグ裁判の最高裁判決をもう一度見てみましょう。

ワンセグ携帯を持っているだけでNHKと契約義務がある

「契約義務」という言葉はありますが、「支払い」という言葉はありませんし、受信料については触れていません。ということは、受信料の支払いは義務ではありません。ワンセグ携帯を持っていてNHKと契約したとしても、受信料の支払いは義務ではないので、踏み倒してしまえばOKです。

ワンセグ携帯を持っていてもNHKと契約しなくても大丈夫

ワンセグ裁判の最高裁判決はあくまで最高裁の判断です。放送法に「テレビを設置した者は(ワンセグ携帯を持つ者を含む)・・・」というようにワンセグ携帯について明記されたわけではないので、ワンセグ携帯を持っていてもNHKと契約しなくても良いです。NHKと契約しないのは放送法64条に違反しますが、逮捕されませんし、罰金などの罰則もありません。NHKと契約しなくても大丈夫です。

ワンセグ携帯でNHKに受信料を支払うのはおかしい

ワンセグ携帯はテレビが観られますが、ワンセグなのでテレビより画質が荒いし、画面が小さいです。なのに、テレビと同額の受信料を支払えとNHKは言っています。おかしすぎると思いませんか。

放送法を改正するしかない

2019年3月現在の放送法では、ワンセグ携帯を持つことは「設置」になので、放送法を改正し、「携帯は設置ではない」ことを明記しなければ、NHKやNHK集金人は最高裁判決を武器にテレビが無くてもワンセグ携帯を持っている人にNHKとの契約を迫り続けることになります。それでも良いのでしょうか。絶対イヤだ!