NHKがスクランブル放送したら大相撲はどうなる?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHKと言えば、大相撲。もし、NHKがスクランブル放送したら大相撲はどうなるのか考えてみました。

NHKと日本相撲協会

NHKは日本相撲協会に年間30億円を支払っている

NHKは年間30億円もの放送権料を日本相撲協会に支払っているそうです。この30億円の原資は受信料です。この受信料の中には、NHK集金人が若い人やお年寄りなどからむしり取った受信料やNHKを観ていないのに強制的に支払わさせられた受信料を含みます。

日本相撲協会は放送法のおかげで運営できる

現在の日本相撲協会がNHKから多額の放送権料が入ってくる為、お金をたくさん持っています。NHKが放送権料を支払うことができるのは、放送法によりNHKに多額の受信料が入ってくるからです。日本相撲協会はNHKがスクランブル放送をしていない放送法のおかげで放送権料が入ってくるし、潤沢にあるお金で運営できているのではないでしょうか。私はNHKのスクランブル化に賛成ですが、日本相撲協会は反対だと思います。

NHKスクランブル放送による大相撲の未来

全国で「NHKをスクランブル化しよう!」という声が多くなってきています。NHKがスクランブル放送をしたら日本相撲協会はどうなるのか。

日本相撲協会が衰退していく?

放送法が改正され、NHKがスクランブル放送したら、受信料を支払う人は激減します。そして、NHKの受信料収入が激減します。

そうなると、年間30億円もの放送権料を日本相撲協会に支払えなくなるかもしれません。日本相撲協会は今までのような運営はできなくなるかもしれません。

お金を払ってまで大相撲を観たいか

NHKはスクランブル放送をしていない為、大相撲を観ている人はおそらく無料で観ているような感覚なのかなと思います。しかし、スクランブル放送となるとNHKがスカパー!やWOWOWと同じ有料放送になります。お金を払ってでも大相撲を観たい人はどのくらいいるのでしょうか。相撲の大ファンの人はお金を払ってでも観たいと思うかもしれません。その他の人の感覚としては、受信料を支払っている人でも、無料で観ていたものが突然「お金を払わないと観られませんから」と言われたら「観なくていいや」という気持ちにならないだろうか。

大相撲を観る人は少なくなっていく

昔は一家に1台以上テレビがありましたが、今はテレビを観ない、テレビを持っていない若者が増えてきました。若い人でも大相撲のファンはいますが、大相撲を観ている人のほとんどは高齢者なのではないでしょうか。今はテレビよりネットを見ている時間が長い人がいるくらい、いろいろな楽しみがありますが、今の高齢者は相撲をテレビで観るのが楽しみな世代かと思います。今の高齢者がいなくなると、大相撲のファンが少なくなっていくことは想像できます。

まとめ

NHK受信料で泣いている人がいることを忘れないで

NHKスクランブル放送と大相撲を考えていました。私は、相撲が好きでもないし嫌いでもありません。しかし、日本相撲協会の運営資金がNHKの受信料だと思うと大相撲に対し、あまり良いイメージは持っていません。

大相撲を喜んで観ている人は、NHKが受信料を支払いたくない人からむしり取った受信料で放送されている大相撲を観ていることを忘れないでください。泣いている方がいることを忘れないでください。