NHKに縛られない世の中へ

こんにちは!堀こうどうです。日本で暮らすと必ずついてくるNHKの契約と受信料の支払い。私たちはNHKに縛られて生きていると言っても過言ではない。

NHKは何をしてもついてくる

NHKを観ていなくても、引っ越しをしても、受信料を支払わなくても、テレビを持っていなくても、NHKを解約しても、NHKはついてきます。

NHKを観ていなくても受信料を支払う

NHKはNHKの番組を観ている観ていない関係なく、受信料を徴収しています。NHKを観ていないのに受信料を支払うなんて嫌ですよね。

引っ越しをしたらNHK集金人がやってくる

引っ越しをしたら、待ってましたと言う感じでNHK集金人が訪問してきます。これは新住所に誰かが入居したという情報が、NHKに流れているからです。

受信料を支払わなくても電波を止めない

NHKは公共放送です。受信料は電気・ガス・水道と同じ公共料金です。電気・ガス・水道は料金を支払わないと止まります。しかし、NHKは受信料を支払わない人に電波を送り続けます。私たちは電波を受信しているから受信料を支払わないとNHKから受信料を払えと請求されるのです。受信料を支払わないとNHKを観られないようにすれば解決します。

テレビを持っていなくても契約を迫るNHK

テレビを持っていれば、NHKと契約しなければならないと放送法で定められています。ということはテレビを持っていなかったら契約しなくて良いということになります。しかし、最高裁判決で「ワンセグ携帯でも契約義務あり」という判決がなされ、テレビを持っていないけどワンセグ携帯は持っている人も契約させられる事態となっています。

NHKを解約してもポストに契約書が入る

テレビを捨ててNHKを解約したら、これでNHKと関わらなくて良いと安心する方は多いですが、安心できません。解約した数ヶ月後、ポストにNHKの契約書が投函されていたそうです。ますますNHKが嫌いになりそうです。

NHKに縛られない世の中にするには

このように私たちは日本に住む限り、NHKに契約を迫られ、受信料を支払わさせられるのが現状です。NHKに縛られないようにするにはどうすれば良いのか。

放送法の改正

です。勝手にNHKが映るのではなくて、受信料を支払う人のテレビだけNHKが映るようにすれば、受信料を支払わない人が請求されることがなくなります。料金を支払わない人は放送を観られないようにする放送のことをスクランブル放送といいます。このスクランブル放送が実現するには、放送法を改正する必要があります。

放送法の改正、今やらないと子どもたちがNHKに苦しむことになります。

NHKに縛られない世の中へ。堀こうどうは願う。