スマホでNHK受信料を請求される可能性が高くなってきた

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。テレビがあれば、請求されるNHK受信料。スマートフォンやパソコンがあれば、NHK受信料を請求されるかもしれません。

目次

NHKのインターネット常時同時配信が閣議決定

2019年3月5日に、NHKの番組をインターネットで常時同時配信できる放送法の改正案が閣議決定されました。

「テレビで放送されているNHKの全ての番組がネットで配信できる。」ということです。このことでスマホやパソコンでNHKを視聴できるようになります。

スマホやパソコンがあれば受信料を請求されるようになるかも

「スマホやパソコンでNHKが観れるようになるのは便利で良いことじゃないか。」と思われるかもしれませんが、これを聞いたらどうですか。

「スマホやパソコンがあれば、NHK受信料を請求される。」

2019年3月5日に閣議決定されたのは、あくまで「ネット常時同時配信できる」なので受信料については触れていませんが今後、「受信料を請求します。」と言ってくるかもしれません。NHKはネット配信を無料でやり続けることは考えられないので、スマホやパソコンでの受信料の請求は可能性大です。

衆議院の総務委員会で可決か

2019年5月14日(火)に衆議院の総務委員会で「スマホやパソコンでNHKを視聴できる」インターネット常時同時配信の放送法改正の採決が行われます。今の国会議員はNHKと癒着しているので、賛成多数で可決となるのではないかと思います。

あなたは賛成ですか?反対ですか?

私は反対です。

スマホでNHKを観たいか

スマホでNHK、観たくありません。

NHKをスマホやパソコンで観る人はほとんどいないです。高齢者はテレビで観るだろうに、若い人はテレビを観ません。NHKのネット配信は全くと言っていいほど需要が無いです。

このままスマホやパソコンで受信料を請求されるようになったら、誰も観ていないネット配信のNHKに受信料を支払うことになります。観ていないテレビ局にお金を払いたいと思いますか?思いませんよね。

まとめ

NHKがインターネット常時同時配信できるようになるとスマホやパソコンがあれば、NHK受信料を請求されるかもしれないことをお話しました。

このままだと、テレビが無い人でもNHKを観ていない人でもNHKから受信料を取られることになってしまうかもしれません。