NHKと戦う勇気

まいどはや!堀こうどうです。2019年2月25日に富山簡易裁判所で傍聴した富山市の男性が訴えられたNHK未契約裁判はいろいろ考えさせられた裁判だったので、堀こうどうが感じたことを書いてみようと思います。

NHKに裁判されたくないから受信料を払ってしまう人が多い

裁判されるのは嫌なもの。裁判に対して「お金がかかる」とか「怖い」というイメージを持っている人が多いです。受信料を支払わないとNHKに裁判されてしまうのが嫌だから仕方なく受信料を払ってしまう人が多いです。

NHKに受信料を支払わない勇気が素晴らしい

裁判されるのが嫌だから受信料を支払ってしまう人がいる中、受信料を支払わず、NHKに裁判されても戦う人は勇気がある人、正義感がある人だと思います。

戦わないと何も変わらない

NHKに受信料を支払ってしまえば、NHK集金人が訪問して来ないし、NHKに裁判されることもないですが、誰かが受信料の支払いを拒否して戦わないと何も変わらず、ずっと受信料制度が続いてしまいます。裁判されるのが嫌で仕方なく受信料を支払っている人は自分のことしか考えていないと思う。そんな人に聞きたい、子どもや孫に受信料を支払わせたいのか。受信料問題をお金で逃げる、子どもや孫もそんな大人になっても何も思わないのか。