富山市NHK未契約裁判を傍聴しに富山簡易裁判所に行ってきた

まいどはや!堀こうどうです。富山市の男性がNHKに訴えられた裁判が2019年2月25日に開かれるということで傍聴をする為、富山簡易裁判所に行ってきました。

NHKに裁判された富山市の男性

富山簡易裁判所

富山簡易裁判所

富山県富山市西田地方町にあります。西田地方は「にしでんじがた」と読みます。富山簡易裁判所、富山地方裁判所、富山家庭裁判所が同じ建物の中にあり、隣に検察庁があります。

傍聴前

待合室で1時間ほど待った

13時半から開かれるのに1時間前に富山簡易裁判所に到着してしまった堀こうどう。富山市内に住んでいるので、予定より早く着いてしまいました。富山簡易裁判所に入り、受付で裁判があることを確認してから待合室で待ちました。

13時頃、傍聴者らが続々と到着

傍聴者らを連れて、NHKから国民を守る党の代表、立花孝志・葛飾区議会議員と司法書士の加陽麻里布(かよう・まりの)先生が富山簡易裁判所に到着しました。

富山市の男性と女性と実際にお会いした

立花先生らが到着される前に待合室の前に男性と女性がいらっしゃいましたが、NHKに訴えられた富山市の方なのは立花先生が到着された時にわかりました。

富山市の男性と女性はかなり悩んでいる様子

待合室で立花先生と富山市の男性と女性が少しお話されていました。お2人はNHKに裁判されてかなり悩んでいる様子でした。お気持ち、すごくわかります。誰だって裁判されるのは嫌です。

裁判を傍聴

予定通り、13時半から裁判が始まりました。

傍聴者が9人!?傍聴席が満席に

立花先生や堀こうどうを合わせて9人が小さい法廷の傍聴席に座り、満席というか溢れるほどでした。裁判官は驚いたかもしれません。田舎、富山の裁判所にこれだけの傍聴者の多さはいかにNHK裁判が注目されているかということです。ちなみに富山市の男性と女性は傍聴せず、待合室におられました。

約2分ほどで裁判終了

裁判はNHK側が富山地方裁判所への移送の申し立てについて、富山市の男性側がそれに反論していることについて少し話しただけで約2分ほどで裁判は終わりました。

富山簡易裁判所のNHK受信料未契約裁判 NHKは地方裁判所への移送申立てをしてきたので反論意見書
https://ameblo.jp/nhkto/entry-12442408790.html

法廷を出て、待合室に戻り、立花先生が富山市の男性と女性と少し話されて富山簡易裁判所を出ました。