鹿児島市議選の開票速報を見たい!N国・最勝寺しんやの結果は?

NHKをぶっ壊す!堀 孝童(ほりこうどう)です。鹿児島市議会議員選挙が2020年4月12日に告示され、NHKから国民を守る党(N国党)から最勝寺辰也(さいしょうじしんや)氏が立候補しました。

鹿児島市議選、始まったわね。

N国党から最勝寺さんが立候補しました。

最勝寺さんは当選するのかしら?

データを見ながら、予想してみましょう。

N国党が鹿児島市議会議員選挙に立候補

鹿児島市議会議員選挙

選挙情報

告示日2020年4月12日(日)
投票日2020年4月19日(日)
定数45
候補者数60

前回の選挙

定数50
候補者数56
有権者数481,329 人
投票率42.29 %
最下位当選者
50位
2,687 票
1.34 %
45位2,891.56 票
1.44 %

当選する可能性は?

2019年7月の参議院選挙の鹿児島市の結果と前回、2016年の鹿児島市議選の結果を見てみます。

鹿児島選挙区候補者なし
比例代表3,456.444 票
1.76 %
最下位当選(50位)
前回:2016年
2,687 票
1.34 %
45位
前回:2016年
2,891.56 票
1.44 %

 

今回の鹿児島市議選は前回より定数を5減らし、45人が当選する選挙です。参院選の比例代表の得票数は、前回の45位の候補者の得票数を超えており、参院選でN国党に投票した人全員が最勝寺しんや候補者に投票すれば、当選します。

しかし、新型コロナウイルスの影響による外出の自粛で投票率が30%台まで下がる可能性があり、浮動票が入りにくいかもしれません。また、世の中は新型コロナウイルスで持ち切りなので、NHK問題というワンイシュー政党であるN国党にとっては不利な選挙になりそうです。

落選したらヤバイ!?

N国党にとって中核市の市議会議員選挙は当選しやすい選挙と言われています。鹿児島市は人口や定数を見れば、中核市の中でも最も当選しやすい市の一つと言えるので、鹿児島市議選はN国党にとって、とても大事な選挙になりそうです。

これまでN国党は中核市の市議会議員選挙に立候補してきました。東大阪市議選は市長選にも候補者を出して38位でギリギリ当選でしたが、長野市議選、福山市議選は得票率が1%未満で落選しています。もし、鹿児島市議選に当選できないとなると、関東でも関西でもない地方の中核市の市議選の当選は難しくなるでしょう。なぜなら、鹿児島市議選は当選確率が高い市の一つだからです。それでも落選となると、N国党は主に東京、千葉、埼玉といった関東の地方選挙しか当選できないかもしれないことになり、党勢拡大が難しくなるでしょう。落選したら、しばらくは地方の中核市も梅選挙扱いにした方が良いかもしれません。

人口や定数だけを見れば、N国党にとって鹿児島市議選は当選できそうな選挙ですが、関東でもなく関西でもない地方の中核市で当選できるのか注目です。

鹿児島市議会議員選挙の投票日は2020年4月19日(日)です。

開票速報と結果