N国・嶋谷昌美 東大阪市議選の当選無効か 居住実態が無いとして異議申立書を提出したのは誰?

NHKをぶっ壊す!堀 孝童(ほりこうどう)です。東大阪市議会議員選挙(2019年9月29日)で当選したNHKから国民を守る党(N国党)の嶋谷昌美・東大阪市議会議員に居住実態の疑いがあるとして、当選無効の異議申立書が選挙管理委員会に提出されたそうです。

嶋谷昌美に居住実態が無い!?そんなわけないだろ!

新聞記事

2019年10月5日の河内新聞の記事で特報として報じられました。

犯人はだれ?

選挙管理委員会に異議申立書を提出したのは誰なのでしょうか。

東大阪市議会議員選挙2019の結果 を見ると次点は浅野耕世(あさのこうせい)氏という日本共産党の公認候補者です。もし、嶋谷昌美氏が当選無効になれば、浅野氏が当選します。下記のツイートでは浅野陣営が嶋谷昌美氏を引きずり落そうとしていると言っています。

まとめ

2019年4月の富山県議会議員選挙に立候補して思いましたが、私にとって日本共産党は「当選するためならなんでもやる党」というイメージで、支持できない党です。実際に選挙ビラをポスティングしたり(選挙違反)、選挙前に名前タスキをしたり(選挙違反)。犯人が誰かわかりませんが、日本共産党の関係者が異議申立書を提出したのではないかなと個人的には思います。それ以外の候補者は異議申立書を提出する理由が見つかりません。

私は嶋谷昌美・東大阪市議会議員を応援しています。