NHKプラス申し込みで集金人がやってくる?登録しない方がいいかもしれない

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHKのインターネット常時同時配信「NHKプラス」が2020年3月1日から開始されました。初日は登録依頼が殺到したらしいです。

スマホでNHK見てみたいわ。申し込んでみようかしら。

NHKプラス、嫌な予感がします。

どういうことですか?

申し込んだ人の家に集金人が来るのではないかと。

それは困るわ。

NHKプラスに申し込むとNHK集金人がやってくるかもしれない

集金人が来ない人

NHKプラスに申し込んでもNHK集金人が来ない人は、NHKと契約していて受信料を払っている人です。NHK集金人が訪問する理由はありません。

集金人が来るかもしれない人

以下に該当する人は、NHKプラスに申し込むとNHK集金人が来るかもしれません。

  • NHKと契約していない人
  • NHKと契約しているが、受信料を払っていない人

NHKプラスに申し込んでいる、すなわちNHKを見ようとしているので、NHKと契約していない、受信料を払っていないとなるとNHK集金人が来る可能性が考えられます。

「NHKプラスに申し込まれましたが、契約が無いので契約してください。」

とか

「NHKプラスに申し込まれましたが、受信料の支払いが滞っていますので払ってください。」

このように言われるかもしれません。NHK集金人は、その住所で契約されているか、契約されていないのかわかるそうなので、NHKプラスに申し込んだのかもわかるかもしれません。

また、テレビを持っていないことが理由でNHKと契約していない人は、テレビを持っていなくても契約を求められる可能性があります。しかし、放送法64条1項には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と定められています。テレビは協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備ですが、スマホやパソコンで受信できるNHKの番組は放送ではなく、通信なので、スマホだけで契約義務はありません。スマホだけでもNHKを見たい人は、契約して受信料を払い、NHKプラスを視聴すると良いでしょう。

まとめ

NHKと契約していない人や、受信料を払っていない人がNHKプラスに申し込むとNHK集金人が訪問してくるかもしれないことをお話しました。NHK集金人が来るのは嫌なものです。NHKプラスに申し込まないことをオススメします。