おっくんが立憲民主党から参院選比例区で出馬。政治家ボイパ誕生!?

まいどはや!堀 孝童(ほりこうどう)です。ボイパを日本に広めた、あの「おっくん」が2019年の参議院選挙に立候補する予定だそうです。

ボイパのきっかけ「おっくん」

堀 孝童の特技はボイスパーカッションですが、ボイパを始めるきっかけとなったのが「おっくん」こと奥村政佳氏。「ハモネプ」というテレビ番組を通じて、ボイパを日本に広めたのがおっくんです。当時、ボイパは大流行しました。

参議院議員選挙に出馬

おっくんがアカペラグループRAG FAIRを脱退し、政治家を目指すというニュースを見ました。

2019年4月というタイミングで政治家を目指すということは、2019年夏の参議院議員選挙に出馬するのかなと思っていたら、脱退ニュースが出た翌日に「参院選に立候補する」というニュースが出て、「やっぱりね」という印象。

「こうくん」とは、堀 孝童の芸名です。富山県内を中心にボイパの音楽活動をしています。

https://koukun.net

立憲民主党から出馬

どこの政党から立候補するのかなと思っていたら、なんと「立憲民主党」です。これは意外でした。

名前は「おっくん」で出馬か

おっくんは本名の「奥村政佳」よりも、「おっくん」という名前の方が世の中に浸透しているため、通称認定制度を使って「おっくん」という名前で参議院議員選挙に立候補するかもしれません。

通称認定とは?

選挙ではよく、氏名の漢字がひらがなになっている立候補者がいます。実際、私の名前は「堀 孝童」ですが、2019年の富山県議会議員選挙に立候補した時には、「堀こうどう」という名前を漢字からひらがなに変更しました。この「堀こうどう」が通称です。

選挙で通称を使用するには「通称認定」というものを申請しなければなりません。ほとんどの立候補者は漢字をひらがなに変更しますが、有名人は芸名で立候補できるように通称認定することがあります。例えば、アントニオ猪木(本名・猪木 寛至)やマック赤坂(本名・戸並 誠)です。しかし、私の名前は「堀 孝童」ですが、ボイスパフォーマーの芸名「こうくん」は通称認定されません。なぜかというと無名なので、世の中に浸透していないからです。なので、誰でも知っているほど世の中に浸透していることが条件となります。

政治家ボイスパーカッショニスト誕生!?

おっくんは記者会見で早速、ボイパを披露したそうです。参院選でボイパのおっくんが話題になるかもしれません。おっくんや私、「こうくん」こと堀 孝童などのボイパ世代が選挙に立候補する年齢になったと思うと月日が流れたなと改めて感じます。

2019年の参院選は、堀 孝童が支持するNHKから国民を守る党の出馬や今回紹介したおっくんの出馬など、目が離せない選挙になりそうです。