【全文】山本太郎がNHK日曜討論に出演 れいわ新選組 2020年5月3日

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。れいわ新選組の山本太郎・代表は憲法記念日の2020年5月3日、NHK日曜討論に出演しました。番組で山本太郎・代表が言ったことの全文(文字起こし、書き起こし)です。

山本太郎代表がNHK日曜討論で言ったこと全文

外に出るな、休業要請に従え、一方でほとんど補償がない、これで一体何が起きたか。仕事が減った、(仕事が)無くなった、当然、収入が途絶える人続出。お店、自宅、家賃ローン支払えない。生活するお金も底をつく。この状態、完全に憲法違反です。

全国の有志が行った電話相談に寄せられた声です。

2年間、派遣で働いたが、契約期間中なのにコロナで切られた。タクシー運転手をしているが、週一回の勤務に変更され、休業手当は無い。家賃を払えず、追い出された。所持金は数百円しかない。40年スナックを経営、4月の売り上げが6千円。このままでは近い将来、多くの人が失業、廃業に追い込まれ、生活の基盤が無くなり、野垂れ死ぬ可能性があります。

コロナ恐慌です。

これを止める方法は至ってシンプル。

「金を刷れ、皆に配れ」です。

新規国債発行で全ての人を救う。真水100兆円。それだけでは足りない。そのあと、追加でもう100兆円必要です。

医療従事者、保育、介護、食品の生産、加工、輸送、販売など休めない職種には、最低でも国からの危険手当、1日2万4千円は必要です。

どの会社も潰さない、どの労働者も失業させない、誰の命も落とさせない。

「金を刷れ、皆に配れ」です。

詳しくはれいわ新選組ホームページまで

れいわ新選組
https://reiwa-shinsengumi.com