政見放送の全文 NHKから国民を守る党 田中邦明 参院選2019 香川選挙区

NHKをぶっ壊す!堀 孝童(ほりこうどう)です。参議院議員選挙2019の香川選挙区に立候補したNHKから国民を守る党の田中邦明(たなかくにあき)候補者の政見放送の全文(文字起こし・書き起こし・テキスト)です。

田中邦明 政見放送 全文

経歴放送

兵庫県尼崎市出身
元兵庫県議会議員秘書

政見放送

ただいま紹介にあずかりましたNHKをぶっ壊す!でお馴染みのNHKから国民を守る党の香川県選挙区公認候補の田中邦明と申します。

私の公約は、あらゆるNHK問題の解決を目指すです。まず、NHK受信料制度が不平等だということです。受信料を支払っている人と支払っていない人がいる。受信料を支払っている人でもNHKを視聴して払っている人もいれば、NHKを視聴しないのにNHK集金人に脅され、恫喝など怖い思いをしてしぶしぶ契約をして受信料を支払っている人もたくさんいます。国民みなさまの公共料金、電気水道ガスは支払いをしないと止められます。しかし、NHKは視聴しない人も電波を飛ばし、NHK受信料委託業者と契約し、無理矢理弱い立場の国民にも負担させています。特に高齢者や母子家庭、年金受給者や一人暮らしの学生など、怖い思いや納得もできていないのになぜ、観てもいないNHK受信料を支払わなければいけないのか。たくさんの電話を国民のみなさまからいただいております。

そこで全国民に対し、平等にするにはNHKのスクランブル化が必要です。簡単に言えば、WOWOWやスカパーみたいにNHKを観たい国民だけ契約する手法です。ある新聞社のアンケート調査では、88%の国民がスクランブル化に賛成です。では、なぜスクランブル化にならないのでしょうか。それは国会議員とNHKが癒着しているからに他なりません。さらにワンセグ付き携帯やカーナビ、さらにネットでも受信料を徴収する動きになってきています。

毎年、7000億円も稼いでいるNHK、なおかつ8000億円に近いプール金があるにも関わらず、国家予算が簡単に可決されている現状は、既得権益の象徴です。NHK局員の平均年収は1800万円、それだけの年収がありながら、集金人も稼いでいておかしくないでしょうか。

NHK局員の不祥事も日常茶飯事です。金属バットを持って部下の宿に殴り込みに行ったり、受信料の着服、わいせつ行為など、あげればきりがありません。お時間がある方は、NHKから国民を守る党のホームページにNHK局員の不祥事を載せていますので、観覧してみてください。

今の既存政党は当選したら自分を応援してもらった会社団体組織組合などしか見ず仕事をしているから、本当に真面目に生きている国民が損をする仕組みになっているんです。私ども、NHKから国民を守る党は自分自身の携帯番号を国民のみなさまにお知らせして、しっかりと国民の命と財産をお守りするために全力でNHKスクランブル化に邁進してまいります。

最後になりましたが、各新聞紙やネットで私の情報が出ていないのは各メディアが諸派として党名は出さないと。公職選挙法という法律に基づいて候補者は平等に扱うという義務が定められているにも関わらず、社内規定を推し進める今のメディア。そこに中立や公平性があるのでしょうか。ありませんよね。法を破る今のメディアの体質もおかしいと思っております。

新しい年、令和元年です。今こそ国民が立ち上がり、国会議員と既得権益のNHKをぶっ壊す!ためにNHKから国民を守る党へのご理解とご協力、そしてご支援の輪を広げていただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

終わり

ただいまの経歴と政見は田中邦明さんでした。

政見放送の動画