政見放送の全文 NHKから国民を守る党 古谷孝 参院選2019 長野選挙区

NHKをぶっ壊す!堀 孝童(ほりこうどう)です。参議院議員選挙2019の長野選挙区に立候補したNHKから国民を守る党の古谷孝(ふるやたかし)候補者の政見放送の全文(文字起こし・書き起こし・テキスト)です。

古谷孝 政見放送 全文

経歴放送

NHKから国民を守る党 古谷孝 43歳
社会保険労務士 一級FP
立教大学卒業後、銀行員を経て社会保険労務士法人代表となる。

では、古谷孝さんの政見放送です。

政見放送

私はNHKから国民を守る党、公認候補の古谷孝と申します。

私の公約は老後の年金武曽億や消費税増税という状況で家計が圧迫され、苦しむ人が多く見込まれる中、NHKを観ていないのに受信料の支払いを余儀なくされる問題の解決を目指すということでございます。

電気や水道は使った分の料金を支払わなければ供給が止められます。つまり、電気や水道が使った分だけ料金が請求され、使っていなければその分は請求されません。ところがNHKはNHKを観ている人も観ていない人も一律に請求されてしまうのです。それは不平等です。NHKを観ていない人にとっては電波の押し売りに他なりません。さらに支払っていなくてもNHKから一方的に電波が送られ続けられて、受信料の請求は一向に止まりません。NHKから国民を守る党はNHKを観ていない人の権利を守るためにもスクランブル放送の導入を実現すべく、放送法の改正を目指します。

NHKのスクランブル放送に関するある新聞社のアンケート調査では、88%の人がスクランブル放送を導入すべきだと答えています。そのような多くの国民の民意に後押しされ、NHKから国民を守る党には27名に及ぶ地方議員が誕生し、NHK問題に日々取り組んでおります。

そんなNHKから国民を守る党の議員のもとには、毎日多くのNHKの集金人による訪問について相談や助けを求める電話があります。NHKの集金人は昼夜を問わずアポイントを取ることなく訪問してきて、法律で義務付けられているのだから、契約しなければならないと迫るのです。そんなNHKの集金人に対して多くの国民が困っています。テレビの設置状況や携帯の種類などを聞き出して契約を強く推し進めてきます。NHKの集金人の行為は一人暮らしの社会経験の浅い学生さんなどには大きな不安を抱く行為であります。これらのNHK集金人の問題についてもスクランブル放送を導入すれば、即時に解決するのです。私たちNHKから国民を守る党はNHKがかたくなに行わないスクランブル放送の導入を実現し、公平な受信料制度に改めるとともにNHK集金人の廃絶を目指します。

次にワンセグやインターネット配信へのNHK受信料の拡大に対して断固反対し、法令の変更に向けて注力いたします。2018年6月には、ワンセグでも受信料の支払いを認める最高裁判決が確定しました。続いて2019年5月には、ワンセグ機能付きカーナビでの受信料の支払いを認める地方裁判所の判決が出ました。このような国民の多くが望んでいない判決が出るに至ったのは国会議員の過ち、もしくは怠慢に他なりません。これまでワンセグやインターネットに及ぶ受信料の拡大に対して、異議を唱える政党はございませんでした。今こそ、公共放送であるNHKに関する数々の問題に対して一本木に取り組み続けてきた党代表、元NHK職員、立花孝志を筆頭にNHKから国民を守る党から一人でも多くの国会議員を国政に送り出してください。

NHKから国民を守る党は国会にてNHK行政に徹底的にメスを入れ、放送法の再整備や法改正に取り組み、NHK問題による国民の不利益を解消すべく、公約の実現に邁進します。NHKから国民を守る党はNHKの諸問題を解決し、スクランブル放送を実現した折には、党を解党することを公言しております。NHK問題に特化したワンイシュー政党として誠実にその使命を果たすことをお約束いたします。

以上、NHKから国民を守る党へのご理解とご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。
最後に参議院議員選挙に勝利して、NHKをぶっ壊す!
ありがとうございました。NHKから国民を守る党 公認候補 古谷孝でした。
失礼いたしました。

終わり

長野県選挙区 NHKから国民を守る党 古谷孝さんの政見放送でした。

政見放送の動画