政治家がお年玉をあげると逮捕される!?親戚はどこまで大丈夫?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。正月になると子どもにお年玉をあげる人もいらっしゃると思いますが、政治家(現職議員、現職首長、選挙に立候補する予定の人、立候補することを考えている人)はお年玉をあげると逮捕されるかもしれません。お年玉をあげたら逮捕される!?どういうことなのか説明します。

以下、現職の議員や首長、選挙に立候補する人、立候補予定者をまとめて政治家と呼びます。

【違法】政治家がお年玉をあげると法律違反

公職選挙法199条の2「寄附の禁止」

政治家がお年玉をあげることは寄附にあたります。政治家の寄附は、公職選挙法で禁止されています。

第百九十九条の二 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。以下この条において「公職の候補者等」という。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域。以下この条において同じ。)内にある者に対し、いかなる名義をもつてするを問わず、寄附をしてはならない。ただし、政党その他の政治団体若しくはその支部又は当該公職の候補者等の親族に対してする場合及び当該公職の候補者等が専ら政治上の主義又は施策を普及するために行う講習会その他の政治教育のための集会(参加者に対して饗きよう応接待(通常用いられる程度の食事の提供を除く。)が行われるようなもの、当該選挙区外において行われるもの及び第百九十九条の五第四項各号の区分による当該選挙ごとに当該各号に定める期間内に行われるものを除く。以下この条において同じ。)に関し必要やむを得ない実費の補償(食事についての実費の補償を除く。以下この条において同じ。)としてする場合は、この限りでない。

e-Gov 公職選挙法

自分の子ども、親戚の子どもはOK

お年玉をあげることは寄附にあたりますが、親族に対してお年玉をあげることは問題ありません。これについては公職選挙法199条の2で定められています。

第百九十九条の二
・・・ただし、政党その他の政治団体若しくはその支部又は当該公職の候補者等の親族に対してする場合・・・この限りでない。

e-Gov 公職選挙法

自分の子供や親戚の子供に対しては、お年玉をあげても良いです。どこまでを親族と言うのかは、民法725条で定められており、親族とは6親等内の血族や配偶者と3親等内の姻族を言います。

玄孫(孫の孫、ひ孫の子供)の孫まで大丈夫ですし、甥姪(自分の兄弟の子供、配偶者の兄弟の子供)、はとこ(自分の両親のいとこの子供)でも大丈夫です。

他人の子どもはダメ!内縁は?

親族を身内、それ以外は他人とすると、公職選挙法で定められている寄附の禁止とは「政治家は他人にお金をあげたらダメ」ということなので、例えば、近所の子どもにお年玉をあげると公職選挙法違反になります。

それでは、内縁の夫、内縁の妻の親戚の子供にお年玉をあげてもいいのでしょうか。

内縁関係は法律上の婚姻関係にあたらないので、内縁の妻の兄弟の子供にお年玉をあげると公職選挙法違反になる可能性は高いでしょう。

まとめ

政治家がお年玉をあげたら公職選挙法違反になること、親族は問題ない、内縁は他人にあたることをお話しました。自分の子供や親戚の子供は大丈夫ですので、あまり神経質になることはないと思います。「政治家は他人にお金をあげてはいけない」これだけは覚えておいた方が良いでしょう。