選挙立候補者が会社に訪問し強制的に招集され演説を聞かされることは違反?

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。選挙期間中に立候補者が会社に来て、強制的に話を聞かされたり、握手されたりされたことありませんか?

僕の職場で昼休み時間に強制的に招集させられて挨拶を聞かされたんだけど、これって当たり前なの?

よく聞く話ですよね。

これって違反じゃないの?

説明しますね。

選挙の候補者が会社で演説することはOK?

戸別訪問の禁止

戸別訪問、すなわち「投票をお願いします。」(投票依頼)と言うために有権者の家や会社、工場などを訪問することは公職選挙法第138条で定められています。

違反すると1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金です。(公職選挙法第239条第1項3号)

選挙運動期間中、次のような行為は禁止されています。
(1)戸別訪問
投票依頼などの選挙運動の目的で、戸別に有権者の家や会社、工場などを訪問すること。

やってはいけない選挙運動・政治活動 – 墨田区

(戸別訪問)
第百三十八条
何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。
2 いかなる方法をもつてするを問わず、選挙運動のため、戸別に、演説会の開催若しくは演説を行うことについて告知をする行為又は特定の候補者の氏名若しくは政党その他の政治団体の名称を言いあるく行為は、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。

公職選挙法 e-Gov

「たまたま」はOK

たまたまそこにいる人に演説することは問題ありません。

次のような選挙運動は誰でも自由に行うことができます
(3)会社や工場などの休み時間等に、たまたまそこに集まっている人を対象に演説すること。

やってはいけない選挙運動・政治活動 – 墨田区

ここで重要なのは「たまたま」であることです。

よくあるケース

次のようなケースはよくあるのではないでしょうか。

立候補者が会社の社長に昼休みに社員に対して演説させて欲しいことをお願いします。会社の社長は社員に立候補者の演説を聞かせるため、昼休みに社員を招集します。そこに立候補者が来て、演説します。

この場合、社員は立候補者の演説のために招集されたということになります。そして、立候補者は演説をするために会社に訪問しているので、戸別訪問にあたる可能性があります。

しかし、戸別訪問で禁止されているのは投票依頼なので、演説の内容によっては戸別訪問にあたらないかもしれないので、立候補者の演説を録音しておくことをオススメします。

もし、立候補者が演説で「投票お願いします。」というようなことを言った場合、公職選挙法違反になる可能性がありますので、録音したものを持参して警察や選挙管理委員会に通報しましょう。

YouTubeで解説しました