統一地方選挙2019後半戦!富山県は舟橋村議会議員選挙のみ

まいどはや!堀こうどうです。統一地方選挙の前半戦は富山県議会議員選挙が行われましたが、2019年4月14日から統一地方選挙の後半戦が始まります。全国では市長選挙、市議会議員選挙、区議会議員選挙が行われます。富山県内は舟橋村議会議員選挙が行われます。

舟橋村議会議員選挙

2019年の統一地方選挙で行われる舟橋村議会議員選挙は4月16日告示、4月21日投開票です。

選挙運動期間は5日間

堀こうどうが立候補した富山県議会議員選挙の選挙運動期間は9日間でした。市議会議員は7日間、町議会議員選挙や村議会議員選挙は5日間の選挙運動期間なので、4日16日告示、4月21日投開票となります。

供託金は不要

選挙に立候補するには供託金を法務局に納め、供託証明書が必要です。供託金の金額は県知事選挙で300万円、市長選挙で100万円、県議会議員選挙で60万円、市議会議員選挙で30万円、町議会議員選挙や村議会議員選挙は0円です。町議会議員選挙や村議会議員選挙は供託金が不要なので、選挙費用ゼロで立候補することも可能です。

無投票で選挙戦にならない

前回2015年の舟橋村議会議員選挙では、定数8人に対し、8人が立候補した為、選挙戦にならず、無投票で全員当選しました。今回2019年の舟橋村議会議員選挙も無投票になるかもしれません。選挙戦にならないと、有権者が投票できないので村政に民意が反映されないという問題が起きます。

議員報酬15万円、なり手不足が深刻

舟橋村議会議員は、なり手不足が問題になっています。議員報酬の安さが原因であると考えられ、議員報酬15万円で村議会議員という責任が重い職業に就くなら他の職業の方が良いかもしれません。議員報酬を5万円増額するという話がありますが、それでも月額20万円です。ただ、舟橋村は人口3064人という人口が少ない地域なので、議員報酬を富山市議会議員の議員報酬60万円くらいにするのは村民に負担をかけてしまうことになります。なり手不足問題はこれからも深刻化しそうです。

選挙に立候補される方へ

堀こうどうは統一地方選挙の前半戦で富山県議会議員選挙に立候補し、残念ながら落選しましたが、統一地方選挙の後半戦は全国で選挙戦が繰り広げられます。立候補される方、がんばってください!