選挙前の名前入りのたすきは公職選挙法違反で罰則あり

こんにちは!堀 孝童(ほりこうどう)です。選挙が始まると氏名が書かれたタスキをつけて街頭演説をしている立候補者を見かけます。しかし、名前が書かれたタスキを選挙前(公示日前、告示日前)にすると公職選挙法違反となります。

名前入りたすきがOKなのは選挙期間中だけ

名前入りたすきは選挙運動期間中だけ認められています。つまり、選挙期間以外では名前入りたすきは認められていません。公職選挙法143条16項で定められています。

公職選挙法143条16項

公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。以下この項において「公職の候補者等」という。)の政治活動のために使用される当該公職の候補者等の氏名又は当該公職の候補者等の氏名が類推されるような事項を表示する文書図画及び第百九十九条の五第一項に規定する後援団体(以下この項において「後援団体」という。)の政治活動のために使用される当該後援団体の名称を表示する文書図画で、次に掲げるもの以外のものを掲示する行為は、第一項の禁止行為に該当するものとみなす。
一 立札及び看板の類で、公職の候補者等一人につき又は同一の公職の候補者等に係る後援団体のすべてを通じて政令で定める総数の範囲内で、かつ、当該公職の候補者等又は当該後援団体が政治活動のために使用する事務所ごとにその場所において通じて二を限り、掲示されるもの
二 ポスターで、当該ポスターを掲示するためのベニヤ板、プラスチック板その他これらに類するものを用いて掲示されるもの以外のもの(公職の候補者等若しくは後援団体の政治活動のために使用する事務所若しくは連絡所を表示し、又は後援団体の構成員であることを表示するために掲示されるもの及び第十九項各号の区分による当該選挙ごとの一定期間内に当該選挙区(選挙区がないときは、選挙の行われる区域)内に掲示されるものを除く。)
三 政治活動のためにする演説会、講演会、研修会その他これらに類する集会(以下この号において「演説会等」という。)の会場において当該演説会等の開催中使用されるもの
四 第十四章の三の規定により使用することができるもの

最初に書いた通り、選挙前の名前入りタスキは公職選挙法違反となります。

罰則あり

公職選挙法143条を違反すると罰則があり、公職選挙法243条で定められています。

第二百四十三条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
四 第百四十三条又は第百四十四条の規定に違反して文書図画を掲示した者

2年以下の禁錮または50万円以下の罰金となります。

まとめ

選挙期間以外の名前入りタスキは公職選挙法という法律に違反し、罰則があることを説明しました。選挙前に街頭で名前入りのたすきを見かけたら、警察に通報しましょう。