立花党首が脅迫容疑で事情聴取されたけど二瓶親子は卑怯者!その理由を簡単に説明します

NHKをぶっ壊す!堀 孝童(ほりこうどう)です。NHKから国民を守る党の党首、立花孝志・参議院議員が2019年9月9日、二瓶文徳・中央区議に対する脅迫容疑で警視庁から任意の事情聴取を受けました。しかし、二瓶親子(父:二瓶文隆・江東区議、子:二瓶文徳・中央区議)がしたことは卑怯です。その理由とは?

二瓶親子は卑怯者である理由

二瓶親子(父:二瓶文隆・江東区議、子:二瓶文徳・中央区議)は、NHKから国民を守る党の公認で当選したにもかかわらず、以下のことをしました。

  • 党の活動(NHKの被害者をお守りする活動)を全くしなかった
  • 党の総会に無断欠席した
  • 党を無断で離党し、議員を続けている
  • 立花党首が「謝罪すれば、許す」と言っているのに連絡なし
  • 立花党首と話をせず、被害届を提出

要するに、はじめから選挙に当選し、議員になって多額の議員報酬をもらうために、NHKから国民を守る党を利用したということです。二瓶親子はNHKから国民を守る党を騙しただけでなく、二瓶親子に投票した江東区民と中央区民も騙したことになります。はじめからNHKの被害者を守るつもりはなかったのです。二瓶親子がした人を騙す行為は、法律違反ではないようですが、道徳的には悪いです。立花孝志・党首と話をせず、逃げて、被害届を提出する。卑怯だと思いませんか。

立花孝志・党首はそんな二瓶親子に対し、「二瓶文徳をぶっ壊す!」と言っています。「二瓶文隆をぶっ壊す!」と言わないのは、子が叩かれるのは親が嫌なので、息子の二瓶文徳を叩いています。