端午の節句が祝日で桃の節句が祝日ではないのは男女差別ではないのか

まいどはや!堀こうどうです。3月3日は雛祭り、桃の節句、女の子のお祭りですが、祝日ではありません。しかし、男の子のお祭りである端午の節句、5月5日は祝日です。男の子のお祭りは祝日なのに、女の子のお祭りは祝日ではないのは男女差別ではないのか、考えてみます。

江戸時代は桃の節句も祝日だった

江戸時代は端午の節句も桃の節句も祝日だったそうですが、明治6年に端午の節句も桃の節句も祝日ではなくなってしまったそうです。

戦後、端午の節句の日が子どもの日として祝日になった

戦後、1948年の祝日法の施行で端午の節句の日が男女関係ない「こどもの日」として祝日となったそうです。

現在の桃の節句は江戸時代の名残り

21世紀になった今でも、3月3日が雛祭り、女の子のお祭りなのは、江戸時代に祝日だった桃の節句の名残りなのかなと思います。

男女差別ではない

一方、5月5日は男女関係のない「子どもの日」という祝日なので、端午の節句、男の子のお祭りだから祝日なのではないということです。桃の節句も端午の節句も祝日ではないので男女差別ではないと考えられます。

子どもの日を端午の節句と同じに日にしてしまったため、「男女差別なのでは?」と思ってしまいます。ややこしい。