北陸電力が発表した新型コロナ感染者は富山県の何人目の感染者なのか

北陸電力株式会社(北電)は2020年8月2日、従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことを公式ホームページにて発表しました。

北陸電力の従業員1名が新型コロナに感染

北陸電力が発表した情報

富山県の何人目の感染者なのか

新型コロナウイルスに感染したことが確認された北陸電力の従業員は、富山県の事例番号、すなわち何人目の感染者なのか。

お時間がある方はYouTubeで説明していますので、ご覧ください。お時間が無い方は、この記事を読み進めてください。

北陸電力が発表した情報によると感染者の情報は以下です。

20代男性で、経過は以下です。

7月30日濃厚接触者として認定
7月31日PCR検査
8月1日陽性が判明

この情報から、この感染者は富山県の241人目の感染者の経過と一致します。

7月25日
7月27日
事例238と会話
7月28日勤務
勤務後、友人Aが迎えに来て
友人A宅に泊まる
7月29日友人Aが会社に送る
勤務
発熱、けん怠感
7月30日勤務
熱が下がる
事例238の陽性が判明
早退し、タクシーで帰宅
7月31日帰国者・接触者外来を受診
PCR検査
8月1日陽性が判明

7月25日と27日に接触した事例238の陽性が7月30日に判明した為、濃厚接触者として認定されました。その後の、PCR検査と陽性が判明した日付が北陸電力の情報と一致します。

このことから新型コロナウイルスに感染した北陸電力の従業員は、富山県で241人目の感染者ということになります。