富山県マスク購入券なしでマスクが買える!不公平との声 利用期間はいつまで?何箱まで買える?

まいどはや!堀 孝童(ほりこうどう)です。富山県のマスク購入あっせんについて富山県知事が2020年5月7日に会見が行われました。

2020年6月4日からマスク購入券について変更がありましたので、説明します。

【イシイマスク】富山県のマスク購入あっせん

マスク購入券

2020年5月18日までに全世帯に郵送で1枚送られてきます。

マスク購入券1枚で、1箱50枚入りを2箱購入できます。

2020年6月4日より、マスク購入券を持参しなくてもマスクが購入できます。

販売店

  • アルビス
  • 大阪屋ショップ

価格・値段

大人用不織布マスク
1箱50枚入り 2,200円
44円/枚

6月3日まではマスク購入券1枚につき、2箱まで購入できましたが、6月4日より最大40箱(88,000円分、2,000枚)まで購入できます。

購入できる期間

6月3日までの制度

県内の全世帯(42万世帯)を無作為に3つのグループに分けます。

この制度は6月4日に廃止されました。

第1グループ5月18日~5月24日
第2グループ5月25日~5月31日
第3グループ6月1日~6月7日
予備6月8日~6月10日

6月4日~14日の制度

誰でもマスク購入券なしでマスクを購入できます。

Cグループの人が激怒!

Q2 Cグループの途中からマスク購入券なしでも購入できるのは、不公平ではないか。
A2 「3密」防止のため、販売期間をABCの3つに区切って販売しましたが、各店舗で特段の混乱は見受けられませんでした。一方、追加販売の問合せもあり、できるだけ早く販売した方が県民の皆さんにとっても良いと考えたこと、アルビス及び大阪屋ショップ両社の負担を考慮し、限られた期間の中で、できるだけ広く購入いただくため、追加購入期間を最大限確保したいと考えたことなどの理由により、Cグループの途中から前倒しして追加販売を実施することとしました。Cグループのみなさまには、大変お待ちいただきましたが、ぜひこの機会を活用して必要な分をご購入ください。

マスク購入のあっせん事業について – 富山県

Cグループの人が購入できる期間は6月1日から。5月18日から始まったマスク購入あっせんですが、Cグループの人は6月1日まで買えませんでした。そして、Cグループが購入できる6月になって、6月4日からAグループの人も、Bグループの人も購入できるようになったことで、Cグループの人の中には「不公平だ!」と富山県に言った県民がいるようです。

私も富山県のマスク購入券に関して不公平さを感じており、5月7日のYouTubeライブで富山県のマスク購入券は不公平であることを言いました。

イシイマスク全然売れず、大失敗!

富山県知事は会見で「9割ほどの県民が購入する」というようなことをおっしゃっていましたが、実際は5割程度の富山県民しか買わなかったそうです。富山県が用意したマスクはかなりの数が売れ残っているようです。売れ残っているマスクをなんとかするためにABCのグループ分けを廃止し、誰でも事実上、無制限に購入できるようにしたようです。通称イシイマスクは失敗に終わったと言えそう。

このことは6月4日のYouTubeライブで語りました。