ゾフルーザを飲んでみた結果

まいどはや!堀こうどうです。以前、2019年1月24日にインフルエンザA型を発症したことを書きました。

インフルエンザと診断された時に新薬のゾフルーザをもらい、飲んでみたらどうだったのか。

ゾフルーザとは?

インフルエンザ治療薬で2018年3月から使用されている新薬です。1回だけ飲めば良いし、効き目が早いと言われていますが、耐性ウイルスが検出される可能性が懸念されている薬です。私は薬に詳しくないので、ゾフルーザについて詳しく知りたい方はググってみてください。

ゾフルーザは効いている体感があった。

風邪薬は「薬が効いている」という体感は無いと思います。ゾフルーザは飲んでから2時間くらいすると手がピリピリして薬が効いている感じがありました。「大丈夫かな?」と自分の体が心配になりましたが、ゾフルーザを飲んで24時間くらい経ったら手のピリピリがなくなりました。手のピリピリが続いたら病院行こうかなと思いましたが、よかったです。

ゾフルーザを飲んだら一気に回復へ

ゾフルーザは効き目が早いそうですが、効き目が早かったです。夜にゾフルーザを服用し、翌日の朝にはインフルエンザの高熱、頭痛の辛さはほとんどなくなりました。

2月はまだまだインフルエンザ流行期です。みなさんお気を付けください。